治療前にやること

「インプラント治療を受ける前に行われる検査」インプラント治療は、問診をはじめ詳しい検査を行ってから、患者さんと歯科医が十分な話し合いをしたうえで進められます。「治療までに必要な検査」(問診)全身疾患にかかっていないか、喫煙習慣はあるか、歯ぎしりやかみ合わせのくせなどがあるか、見た目の美しさの希望はどの程度か、経済的制約や時間的制約はどの程度かなどを聞きます。(視診・触診)歯周病やむし歯の有無、かみ合わせの状況や口腔内の清掃状況、プラークコントロールはうまくできているかなどを診察します。(X線撮影・X線CT撮影)あご骨が極端に減っていないか、骨の量などを確認します。(口腔内写真の撮影)欠損部の確認、残存歯の状況、かみ合わせなどを調べ、記録します。

「インプラントの埋め込み方」歯科用インプラントとは人工歯根の部分をいい、それに歯冠部(上部構造)が装着されてはじめて人工の歯として使用できるようになります。インプラントは局所麻酔をしたうえで外科手術を行って埋め込み、後日上部構造を装着します。手術のさいはふつう、入院の必要はありません。(上手に治療を受けるには歯医者との対話」治療で感じた疑問は、すぐに歯科医に相談しましょう。歯科医との間で、ささいなことでも率直に話せるようでなければ治療効果も期待できません。また、インプラントのメーカーによっては、ほかのメーカーの部品と互換性がないこともあり、治療後数年を経てトラブルがあったとき、どこのメーカーの部品かわからないと対処できなくなる心配もあります。インプラント治療を受けるときは、どのメーカーのどんな部品を用いるか確認し、記録しておくとよいでしょう。