メリットもある

インプラントとは失った歯の代わりに人工義歯を埋め込む治療方法です。同様の方法を治療する方法として入れ歯治療やブリッジ治療があります。一昔前の主流はこの入れ歯治療でした。入れ歯治療は失った部分に人工の義歯や歯茎を装着というものです。部分入れ歯の場合その周りの歯で入れ歯を支えるための金具を設置します。ブリッジ治療は歯の上から人工の義歯をかぶせるという治療方法です。この治療方法も周辺の健康な歯を削る必要があります。こうしたブリッジ治療や入れ歯治療では健康な歯に傷をつけたり負担をかけることになるのでこうした治療方法が嫌という場合に利用されるのがインプラント治療なのです。しかしインプラント治療は入れ歯治療やブリッジ治療とは異なり保険の適用外となります。ですから治療費のすべてを自己負担する必要があるのです。

とはいえ最近ではこのインプラント治療を提供している歯科医院も多く存在します。インプラント治療は保険適用外で全額自己負担しなければならない治療方法なのです。しかもその価格は一本あたり30万円以上ということも珍しくありません。平均価格として30万から50万円という金額が参考にされています。一見すると非常に高い価格のように感じますが、インプラント治療を行うためには高い技術とより豊富な知識、さらには専用の手術機械などの機械が必要になるのです。インプラントシステム自体も高額なのでこのくらいの価格が平均価格となっているのです。中にはこの価格よりもかなり安い価格で治療を行ってくれるところもあります。しかし使用しているインプラントシステムが三流のもの、手術などの治療技術がない、保証をしてくれないなどといった可能性もあるので注意が必要です。